2014年10月19日

足を引っ張る女性閣僚たち

 男性中心の社会では生まれない発想もあるのも理解しています。
 でもやっぱりどう考えても能力以上に先に数合わせが優先しているのではないかと思えるような第二次安倍内閣のスタートでした。
 もちろんそんな女性閣僚ばかりのあら捜しを集中して野党もしているのでしょうが、それにしてもあまりにもわきが甘いというか、任命する前にもっと身体検査をするべきだろうというレベルのことで、女性の積極活用が看板倒れになってきています。
 これじゃ、内閣改造なんかしなかったほうがよかったなんていう状況になりそうですね。



ラベル:政治 安倍内閣
posted by さっちゃん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。