2014年12月21日

やっぱりSTAP細胞はありません・・

 やっぱりというか、ダマサレタというべきか、STAP細胞の存在を確認できるデータが現時点では一切ありませんでした・・
 この話題というか、事件を聞きながらずっと憂鬱だったのは、学生の頃のゼミ発表や卒業論文といった昔のことを思い出してしまっていたからです。
 理系ではありません。
 それでも、似たような図面を多く扱わなければならなかったので、途中に自分でも混同することがあったわけです。
 ただそれは学生レベルのことであって、理化学研究所の研究員の小保方氏の言い訳にしてはあまりにも稚拙に思えていました。
 それなのに研究成果が理化学研究所をスルーしてネイチャーに掲載される、そして大々的に発表される、いったいどうなっているんだとおもいました。
 ネイチャーに関して言うと、新規性のある研究については積極的に掲載をする傾向があるわけで、STAP細胞などはまさにそれにあたったわけでしょう。
 ただ、理化学研究所に所属、ネイチャーに掲載と、次々にお墨付きを得ていただけに、すっかりダマサレテしまいました・・



ラベル:STAP細胞
posted by さっちゃん at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。