2015年01月30日

垣間見えた白鵬のホンネ

 前人未到の優勝回数に到達した大相撲の横綱白鵬が、一転して批判にさらされている。
 13日目の大関の稀勢の里との一番が微妙な判定で取り直しになったことに関して、「子供でも分かること・・肌の色など関係ない・・」などと審判部を一蹴したわけです。
 当然のごとく、横綱にあるまじき発言、そして心として指導がされてしまうことになりました。
 しかしこれまでの白鵬はあまりにも優等生で、そして孤高の道を究めようともしていました。
 それだからこそ結果的にはいけないことかもしれませんが、ホンネが垣間見えたことはむしろ良かったことのようにもおもえます。
 近年はメンタルヘルスが社会全体で注意されるようになっていますが、トップアスリートの場合はまだまだ自己管理の領域であって、うまくストレスをコントロールするのはモズ貸しいのかもしれませんね。



posted by さっちゃん at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。