2016年04月25日

ようやく激甚認定

 知人が熊本で避難生活を送っています。
 農業を放棄して車中生活が続いています。
 日々の生活をすることがやっとのことで、今後の生活の再建までには程遠い、とても想像できないような渦中にいます。
 遠方からにはなりますができる限りの援助を長期的に続けたいと思っています。
 ようやく政府が今回の熊本の地震に対して激甚災害指定をしました。
 震度7が二度も起こったわけですし、熊本県知事からもすぐに要請があったにもかかわらず、時間をかけすぎでしょう。
 閣議決定すればいいだけのことですから、安全保障時のようにさっさと推し進めればいいのに、財源のことや政治的なアピールの仕方に気を配ってしまったのでしょうか?





ラベル:地震 熊本 災害
posted by さっちゃん at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。