2017年09月10日

ついに9秒台

 誰が一番速く走れるかを競い合う短距離の陸上競技はとても分かりやすさがあります。
 それだけにしばらく前までは日本人の体格では世界には到底およばないものと割り切りながら見ていました。
 そんな常識が桐生選手によって9秒台、まさに世界レベルに到達しました。
 世界の中でも小さくならずに陸上選手が活躍する姿をぜひ応援したいです。


posted by さっちゃん at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。