2018年12月20日

疲れにくい靴を選ぼう

その場面に合わせた服装や靴ってありますよね。
福だけをコーディネイトしても、靴が不釣合いだったらやはり全体的におかしなファッションになってしまいます。
対面で話しているようでも、けっこう足元の方にも視線は届いているので、靴選びは慎重でなくてはなりません。
だからといて、自分を表現できるようにデザインをあまり重視しすぎると、今度は履き心地のよくない疲れやすい靴を選んでしまう可能性が高くなります。
自宅を出る際から長時間履くことになりますから、どれだけ履き心地がいいか、そして足に負担がどれだけ少ないかをお店で試着をして確認してから購入するかを決めたいですね。
少なくとも買ってから靴ずれを起こすなどというトラブルは避けることができますよ。






posted by さっちゃん at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。