2019年02月10日

対応に不安なレオパレス

 従兄弟の家族がレオパレスに入居しています。
 まだ会社からは連絡はないようですが、転居を覚悟しているようです。
 大学を卒業して独り暮らしを始めるに当たって、実家の近くにリーズナブルな物件が見つかったのがレオパレスとの付き合いの始まりだったと記憶しています。
 当時、歌舞伎俳優と結婚された上優さんが広告塔として好印象を振り撒いていたのも決断に影響があったはずです。
 今回の不祥事、屋根裏や床、そして外壁といった建築段階のコストに関わり、そして作業を速めるための違反行為があったことが明らかです。
 はっきり言ってしまえば組織ぐるみの手抜き工事が構造部分の行政の検査のチェックもされないところに集中してなされていたことになります。
 会社ぐるみで犯したことを同じ会社が本当に責任が取れるのか、どこまでの補償があるのか気がかりです。
 今でも従兄弟の家族は不安の中にいますが、転居ということになると、生活のリズムが間違いなく狂うので、さらに大変なことになりそうです。





posted by さっちゃん at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。