2007年09月27日

福田政権の高支持率はいつまで?

 支持率に一喜一憂するなといいます。
 しかし福田内閣が発足直後に57パーセントという高い支持を得たのは少し予想外でした。
 あまりにも安倍内閣が、政治とカネの問題や社会保険庁の年金問題でごたごた続きのまま、総理まで突然辞任してしまったので、安定を求めているのでしょうか?
 しかし、福田政権も、派閥の寄り集まりにすぎません。
 表面的には、麻生・与謝野ラインで、安倍クーデターを計画したのを、速やかに鎮圧し混乱を沈め、総理になったという流れがあります。
 しかし安倍前総理が退任の記者会見で述べたように、麻生・与謝野ラインの政治的クーデターがなかった、むしろよく働いてくれていたんだとすると、福田政権に群がる連中は、いったいなんなのでしょう?
 彼らこそ安倍政権に対して反旗を翻したのではないでしょうか?
 小泉・安倍政権と続いた構造改革路線は、減速傾向です。
 参議院選挙の敗北で、さらにおもうように立ち行かないでしょう。
 それでも改革の継続を高らかに宣言する内閣であって欲しいと希望しています。


posted by さっちゃん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。