2007年10月29日

守屋前事務次官の証人喚問で見える防衛省のヤミ

 防衛省の守屋前事務次官(63)の証人喚問が行われます。
 参議院で過半数を占めるということは、これまで明らかにできなかったことも追求できるということがよくわかります。
 守屋前事務次官は防衛庁を、防衛省に格上げしたりと、相当のやり手だという評価がありました。
 反面、ワンマンだといううわさも…
 防衛専門商社の山田洋行とのゴルフなどを通じてのあまりにも緊密な付き合方は、一般的には公正さを失わせるものと受け取られて当然 のことでしょうね。
 そも緊密な付き合いのなかから、どれだけ国防政策に関わる貴重な情報が流れていたかを考えると恐ろしいものがあります。
 証人喚問が開かれますが、どこまで明らかにできるか、野党の力量の問われるところです。



posted by さっちゃん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。