2007年11月04日

小沢辞意で民主党に路線変更はあるのか?

 民主党の小代表が辞意を固めました。
 福田総理と2人で話し合った、自民党との大連立に対する民主党の中での反感が大きかったのでしょう。
 民主党の基本路線としては、やはり従来どおり、次の衆議院選挙で過半数を目指す戦略を取るべきでしょう。
 安易に与党に参画する、あるいは政策協力するという姿勢は、自民党のを延命させることでしかありません。
 ただ、大連立を受け入れようともいわれる小沢氏の気持ちもわからないではありません。
 衆院選挙で勝てるという保障はありませんし、その後も民主党政権が磐石になるとは限らないからです。
 それなら自民党と協力して国政を安定化しようとする、これはトップだからこその苦慮の判断だったのでしょう。
 決して閣僚ポストにつられただけではないでしょう。
 いずれにしても、攻勢を仕掛けていた民主党が大混乱になります。
 もちろん自民党や公明党もですが


posted by さっちゃん at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。