2007年11月05日

大連立構想の背後にあるもの

 参議院選挙の勝利以来、攻勢に出ていた民主党が大きな混乱をしています。
 なんといっても、大連立の話の後、責任をとるかたちで小沢氏が党の代表を辞意することを決めたからです。
 大連立の構想、いまいちわからないことばかりですが、やはり最大のきっかけはテロ特措法の時効でしょうね。
 福田・小沢両氏にとって、このときアメリカの外圧を強く意識したのではないでしょうか?
 そこにかつての連立政権のイメージが持ち上がったのではないでしょうか?
 ただ、かつての自民党と自由党、それに公明党の「自自公」のときとはずいぶんと情勢が違います。
 なんといっても、民主党は小沢ワンマン政党でなくなった、それに議員の数が格段に増えたのです。
 大連立などすれば、野党がほとんど存在しない非常に危険な状態になります。
 いずれにせよ、これで民主党は大混乱です。
 福田総理がここまでシナリオを描いていたとはおもえませんが。
 年金問題や防衛庁の諸問題が停滞しないことを祈ります。


posted by さっちゃん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。