2007年11月26日

横田滋さんの拉致議連辞任と今後の対策

 一向に進まない北朝鮮による拉致問題、国際的に見れば、核の保有のほうが重要なテーマだからやむをえない部分もあるでしょう。
 交渉の間に日本では小泉、安倍、福田と総理が交代しています。
 そして来年にはアメリカ、韓国もリーダーが入れ替わります。
 そしてロシアでもプーチン大統領の任期が切れます。
 このような状態の中、北朝鮮とじっくりと内容のある話し合いが到底できるとはおもえません。
 このような状況下で、横田滋さんが拉致議連の会長を辞任します。
 多くの拉致被害者家族に高齢の波が押し寄せているわけですね。
 しかし、社会保険庁の年金やC型肝炎の問題と同じ構造で、データ、つまりは生存しているのか、調査しようとしているのかすらわからない状況です。
 家族や親族そして友人としては、これほどつらいことはないでしょう。
 ただ「返せ」というだけではすべてが解決するような現状にもとても思えません。
 打開するため、より高度のことをする、それが政治の役目だとおもいます。



posted by さっちゃん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。