2007年12月08日

報道ステーションのマクドナルド放送でも偽装

 マスコミの役目は、社会の問題をより多くのひとに知ってもらうことだとおもいます。
 その意味で、テレビ朝日のニュース番組報道ステーションは、ワイドショー的傾向があるものの、マスコミの役目を存分に果たしているものだとおもっていました。
 しかし、 マクドナルドの改竄問題で、証言者として登場した女性が、番組の関係者で、当時すでに店をやめていたにもかかわらず、制服と店長代理のバッジを着けて出演していたといいます。
 より効果的な映像を狙ったのでしょうが、元店長に制服を着せるというのはいけませんね。
 食への不安を多くのひとが抱いている今だからこそ、格好のスクープだったのでしょうが・・
 これではただ食への不安をあおるだけで、なんの解決にもなりませんから。
 メディアやマスコミの役目をもっと誠実に守ってもらいたいものですね。



 



posted by さっちゃん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。