2007年12月24日

あまりにも遅すぎる議員立法

 薬害C型肝炎問題で、福田政権がようやく重い腰を上げました。
 議員立法で患者全員を一律救済する方針を打ち出したのです。
 議員立法、つまりは今後は国会の場で法案を整備するようにとの方向性をつけたわけです。
 薬害C型肝炎問題、福田政権にとって運が悪かったのは、来年度の予算を審議している時期と重なったことでしょう。
 予算の引き締めをしたい財務省から、一律救済に必要なだけの予算を支出させるというのは至難の技だったはずです。
 それでも、薬害C型肝炎の被害者はもちろん一般の世論も一律救済をするべきだという空気ができていたわけで、救済案を打ち出すタイミングが遅きに失した感があります。
 なによりも、強いリーダーシップを感じることができなかった、しょせんは安倍政権を引き継いだだけのなにもできない政権ではないかという不満がくすぶったのではないでしょうか?
 総理大臣はもちろん、企業の経営者も、ますますリーダーシップが必要となる時代になってきましたね。


posted by さっちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。