2008年05月30日

中国に自衛隊は降り立たず

 四川大地震の緊急援助として、自衛隊の輸送機の派遣が検討されていました。
 日の丸をつけた自衛隊の輸送機が中国国内に震災の援助のために降り立つというのは、歴史的なこととして注目していました。
 しかし中国の人民にとって、日の丸を付けた自衛隊というのは、日本軍にしかほかならないわけで、援助のためとはいえ、手放しで喜んでもらえないことがよくわかりました。
 むしろ、敗戦国である日本が、アメリカと軍事同盟の関係にあって、国内に基地を設けられたり、さまざまな要求を飲んでいるというほうがおかしいのではないでしょうか?


posted by さっちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。