2008年06月02日

自衛隊を巡る中国と日本の距離感が見えた

 中国への自衛隊の輸送機での援助活動は取りやめになりましたね。
 やはり自衛隊が降り立つことに対して、いくら援助が目的とはいえ、中国国内での反日感情があるのが現状でしょう。
 それよりも気になるのが、情報の入ってきたルートです。
 どうも、公式の自衛隊の派遣依頼ではないものに対して、この機会にとおもう連中が色めきたってフライングをしかけたようです。
 しかし本質は、四川大地震の援助であって、なにもこの機会に自衛隊を派遣できるかどうかということを議論するということではなかったはずなのですが・・
 現地の被災者たちに救援物資さえ届けばいいのですから。


posted by さっちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。